ひぐらしのなく頃に卒 祟明し編 感想※ネタバレあり

アニメが手につかないと言いながら祟明し編観終わってしまったー。

全部沙都子の掌の上だー。

 

◯あらすじ

沙都子は今まで自分を苦しめてきた「おじの帰宅」という最悪のカケラを、「梨花の心を一番独り占めできるカケラ」として認識するようになった。

これまでの人生を悔いるようになっていたおじを雛見沢に連れてきて、「村中からいじめられている」と伝える。

一方梨花たちは過去の経緯から「沙都子はおじに虐待されている」と信じ切っており、沙都子も否定せずおじに虐待を受けている時のような振る舞いを見せる。

梨花たちもおじも、沙都子の幸せを願って奔走する。おじが沙都子に向ける深い情を受け、沙都子の心は揺れる。

その過程でおじが大石刑事を連れてくるというこれまでにない展開をもたらす。沙都子は大石にL5を発症させる注射を打ち、おじと圭一が殺し合ったように見せかけるためにおじを殺害しようとするが、「繰り返す魔女」となった沙都子を沙都子自身が止めようとする。

梨花とずっと一緒にいたいという気持ちに変わりはないけれど、私はどこかで間違えてしまった」と。魔女となった沙都子は、「古い感情の方が間違いだ」と容赦なく動揺する沙都子を消す。

魔女となった沙都子はためらいなくおじを殺し、圭一を殺して大石の誤解を導き、梨花殺しに向かわせた。梨花の死を確認するために自分で梨花の頭を撃ち抜き、沙都子もまた後を追うのだった。

 

 

◯感想

いっこだけ、祟騙し編ラストの圭一とおじの殺し合い映像が大石の再現イメージだったなんて反則ぽくないですかねー?あれ違…ずっる!と思った。

 

そうか、この時点まではまだ迷える沙都子がいたんだ…それからあの悪魔の所業が始まるのか…。

二重騙しは予想していたとはいえ、ここまで徹底されると圧巻だな…。たしかに魔女だ。むしろ狡猾すぎていっそかっこいい。舞台を隅々まで把握して展開を作っていく職人芸…これぞトラップマスター。業の高校編が辛すぎてついつい沙都子を応援してしまう…あんな風に教師や同級生から踏みつけられていい子じゃないんだ沙都子は。本領を発揮してくれて嬉しさもある。殺さないでほしいけど。

 

うんまあ…当の梨花にとっては迷惑以外のなにものでもないんだけどね…。完全に、梨花を諦められない沙都子のひどいエゴでしかない。結局、この話は「沙都子の大間違い」の一言に帰すのだよ。

梨花とぼっこぼこに殴り合って、嫌われて、自分の選択を悔いながら惨めな高校生活を送って、大人になればいいと思う。ひどいなあ、でも現実ならそうなるし、そうなりかけてたし。

このお話にハッピーエンドはいらない。家族や幼なじみたちとの距離感の変化なんて高校生が当たり前に通る道の進み方を、ただ間違っていたんだから。高校を出て何年も経ったあとで、久しぶりだねと笑えれば上々の出来というものだ。

 

と道徳的には言ってみるものの、私情としてはあの同級生たちの非常に高校生らしいお高くとまった選民意識とか見下し感とか相応しくないとかよく知りもせずに勝手に判断して排除しようとする傲慢さとか最悪だと思ってるけどね。反吐が出ますが。視野の狭さは身に覚えもあれば見覚えもあるし、うまいこと除かれたこともあるし、ああ…おおかたは思い出したくもないね高校生の時なんて。

詩音おねえさまと一緒にぎゃふんと言わせてほしいなー。

梨花も沙都子も幸せになってほしいけど、周りにいる君たちはちょっとどいててくれないかなみたいな気持ちはある。くう…リアルな描写しなすってからに…。

 

ああ…青春ドラマの側面に引っ張られすぎている気がする…。もっと梨花と沙都子の心情想像するとおもしろそうだな…今日はここまでで。夜更かししてしまったー。

 

恒例のぶるぶる週間と簿記の進捗

ユーウツ前借り週間(ぶるぶる週間)が始まりました。

ワクチン接種2回目は今度の土曜日。

だいたい1週間前からテンションが順調にだだ下がりします。

前回は接種直後からテンションが急上昇・急回復したので、今回もそのようになることでしょう。

その他発生事例:人間ドッグの前、飲み会の前 他

 

暴走する理不尽な恐怖のおかげで、アニメも漫画も手につかない。

こういう時のためにお勉強があるのです。

さー簿記のお勉強をしますよー。

「ベツダンヨキンソウゴウゲンカケイサンカブシキコウフキンジゲツクリコシブンエイヤサー!」

不思議ですよね。なぜ楽しいアニメや漫画が頭に入ってこないのに、お勉強やお仕事にはいつもより集中できるのか。

アニメや漫画は雑念廃さずに楽しんでるけど、お勉強やお仕事は雑念廃さないとこなせないからなんだろうな…不器用の見本市。よってらっせーみてらっせー。

 

簿記のお勉強は進捗50%くらいで、11月の試験に間に合う気がしないんだけど、一方で今までの本屋さんで買ってた参考書よりはるかに体系的に頭に入ってきている手応えはあります。うん、通信教育は偉大だ。

さぼりまくってるので、こういう時に進めておこう。

白い砂のアクアトープ 3話〜9話感想

高校生をメインにしながら、お仕事の悲喜交々をもしっかり織り込んでくる本作。そして沖縄に行きたくなるお料理描写と劇伴。めんそーれされたい。

 

各話感想〜。

 

◯3話「いのちは、海から」

くくるの思い入れの深いペンギン・チョコの不調と、専属獣医さんの出産のお話。

獣医先生出産予定日過ぎてるとかそんなフラグ立てないでぇと思ってたら案の定だよ。でもがまがまイリュージョン見せたかったんだろうなあ。生まれる前の我が子が会いに来る不思議空間。

ファーストペンギンかー。リーダー不在の集団の中でリスクをとって飛び出していく存在を指すとのこと。とびだせーわかものー。

 

◯4話「長靴をはいた熱帯魚」

タッチプールを開催するべく、風花ちゃんが案内係を任される。

仕事任されるって怖いけどむちゃくちゃ嬉しいよね、分かる。期待に応えたいなとか思ったりするの、分かる!3話のホウレンソウのくだりもだけど、高校生をメインにしながらしっかりお仕事の悲喜交々要素を入れてくるのがおもしろい。問題点が曖昧に過ぎてく感じとか、平和な時は平和なんだけどねえという感じとか、なんというか空気感がとても…リアル…私は好き。

 

◯5話「母の来訪」

風花ちゃんの母がついにがまがまに。

もうなんというか、話の内容よりおばあちゃんのお料理がね…ラフティとかサータアンダギーとか、呑めないけど梅酒おいしそうだなとか、いいなあ沖縄行ってみたいなあ。

風花ちゃんがイシガキカエルウオの不調を伝えにがまがまに駆け戻る姿がもう、ああここの子になったんだねえという。感無量。お母さんも嬉しかったことであろう。

 

◯6話「スイーツラプソディ」

がまがまの集客作戦でスイーツを販売することに。くくるにお願いされたうどんちゃんのお話。

どんちゃんもまたお母さんについてて気がついたらお店を任されてる仕事する高校生で、素材の完成度と遊び心の自由さが生み出したかき氷がほんとお見事だったー。素敵!!

あーいい仕事したいなあ。この子たちが報われれば一番いいけど、報われることばっかりじゃないし、このお話はどこに着地するんだろうか。

またがまがまイリュージョンだった。死んだ人にも会える。くくるちゃんのきょうだいの存在がいよいよ濃厚になっているけれど、どうするんだいこの設定。

 

◯7話「アイスで乾杯」

がまがまの若者たちに与えられた1日休みには、館長のもうすぐ来るがまがまのない日常を受け入れてほしいという願いが込められていた。

館長はもう閉めると言ってるけど、館長に拾われた空也と館長の孫のくくるはがまがま以外の水族館を知らなくて、閉館後の自分たちのことなんか考えられない。閉館を信じたくない。でも大人たちは閉館に向かってるんだよなあ。

それにしても館長…人格者だなあ…。

 

◯8話「crab crisis」

小児科での移動水族館が実現することに。海やんがかつてのお客さんだった入院中の女の子のために企画したものだった。

これはだめだ…カニが非常にいい仕事をした…。

夏凛さん、観光協会で働く大人でもあり、くくるたちと年の近いお姉さんでもある。くくるの気持ちもよく分かるし、でも現実も見えてて苦しい立場…。でもみんなできることしてるんだよなあ。できることしていっても閉館に向かっていくがまがま…誰か救ってくれえー。

 

◯9話「刺客のシンデレラ」

中部にできる新しい水族館から、研修生がやってきた。

必死同士がぶつかるとこうなる。どっちも一生懸命やってるだけなのに、悲しいねえ。くくるに家業の手伝いごっこ遊びと言い放ってしまうのも、研修生をど素人扱いしてしまうのも、どっちもどっちだよー。残念だったね、もったいないことになってしまった。

実習とか研修ってその世界の空気を吸って、そこにいる人たちをたくさん見ることかなと最近になってやっと思うけど、学生の時なんかは視野せませまで人の考えてることまで興味がなかったなあ。もったいなかった。そんなもんか。

お客さんがみんな魚を覚えてる水族館、いいなあ。

 

うん、お仕事がんばろうって思うね。

お金とか生活の必要に駆られた大人じゃなくて、高校生が熱意だけでお仕事する姿っていうのはこう、純度が高い。だから高校生なのかなあ。

それと、沖縄行きたいな!!!!!

シャーマンキング感想あれこれ 21話まで視聴済み

今回のアニメはとてもテンポが早いんだと思うんだけど、原作が押し入れの奥深くに仕舞ってあるので確認できない…出してくるかな…。

集英社の32巻までのやつ(人生初の打ち切りを目撃した記念すべきもの。プリンセス・ハオ…!)があるんだけど、講談社で出してるやつで真完結部分まで補完したい。どこから買えばいいんだったか…むかーし誰かに大判を借りたんだけど、結構変わってたよね。全部買うとダブって勿体ないし…うーん…難問…。

 

◯繰り返す「なんとかなる」と「それがどうした」

作品の軸になるセリフだけど、アニメ観てるとものすごい言ってる気がするね。敵も味方も友達も。

作中の印象で見てみると、「なんとかなる」は葉くんの思想の芯みたいなところで柔軟さのベースになっている言葉なんだけど、「それがどうした」は相手の挑発だったり主張だったりをばっさり退ける言葉で、開き直って我に返るみたいなニュアンスがある。

魂の純粋さ、迷いのなさを力にするシャーマンにとって、「それがどうした」の開き直りは強さに必要な要素なんだろうな。

蓮が実家で葉くんに「なんとかなる」って言うの、非常によかった。蓮は認めた相手に照れたり捻くれたりしないところが潔くていいよね。素直なライバルだ…。

 

◯多様な背景を持つキャラクターたち

麻倉葉は陰陽道を継ぐ大きな家の何気に坊ちゃん、恐山アンナは恐山のイタコに育てられ、小山田まん太は巨大企業の社長子息。ホロホロはアイヌ出身で蓮は中国のマフィアみたいな組織の子息、リゼルグはイギリスの上流家庭風、チョコラブは貧しい家庭で両親を喪いストリートギャングになり、アマゾンの奥地からきた師匠に出会った。ファウストⅧ世は医者の子孫でネクロマンサー、ドラキュラはドラキュラ伯爵の子孫、コヨーテはメキシコの死者信仰の遣い手。人々を統べる人、それに従う人。

これだけの背景を持つキャラクターたちが物語に参加して、結末を目指して走っていくと思うと目が回る。まだ明かされてないハオ勢などなどの事情を踏まえるともっともっと多い。世界の王を決める戦いには、多様な背景が欠かせないという判断なんだろう。だから物語に説得力があるし、結末をいつまでも望まれた。

それぞれの信仰がぶつかって砕かれ、強固になって、時に個人の過去がむき出しになり、最後に残るのはどんな思いなんだろうかと。あー、読みたくなるじゃないかー。真結末がけっこう難しくて、もう忘れてしまったー。

 

◯麻倉葉という主人公

友達になりたいなって思わせるような主人公なんだよね、葉くんというキャラクターは。熱血も天才も神がかりも肌に合わないけど、葉くんのゆるさに救われる視聴者は未だに多いのではないだろうか。

 

リゼル

こんなやな奴だったっけー。

原作でかわいい顔と台詞だけ読んでたから、口調が加わってびっくりだった。頑なだし自意識が強いし憎しみに取り憑かれてるしこーれは問題児だあ…。

葉くんとリゼルグの話ってけっこう終盤までもつれ込んだような、と考えると、結構重要人物なんだよね。入れ違い加入してきたチョコラブとも対照的だし、X-LOWSの中ではお子様だし、おもしろいポジションだよなあ。他の子がどんどん進んでいくのに対して、誰かに縋って泣いて立ち止まったままの子なんだよね。

 

◯アンナさん

大っ好きなんだけれども、昔から。むちゃくちゃ強くて怖くて綺麗で、時々可愛くて。昔のテレビシリーズのエンディングがまた可愛すぎてね…。こんなヒロインをこの世に生み出してくれてありがとう武井先生…。

 

◯ジャンヌさま

かっわいいよねー。堀江由衣サマの今期エンディングがまたさいっこうですね。ジャンヌさまのお召し物が描きたくて昔練習したなあ。こんな幼気な子を拷問器具塗れにするとか絶対作者の性h(自粛)

X-LOWSの小道具がまたスーパーカーをふんだんに使った設定になっていて、もうX-LOWSそのものが作者の趣味全開なのではないかしらと思っている。身勝手だろうが理不尽だろうが己らの正義を貫く強さがある団体だよね。だから強い。

 

ハオ組の掘り下げはこれからだし、如来さまはまだお出ましになってないし、楽しみですねー。

今回全編やる気なんじゃないかと思ってるんだけど、どうなるかなあ。しかしこのテンポ感どうなってるんだ。前のシリーズだとチョコラブの話までに37話掛けているというのに。不思議だね…不思議だね…。

シャーマンキングは最高です。

 

 

あったまってまいりましたー

あったまってきたと思ったらもう木曜日だなあ。

今週はとってもスロースタートですよ。

これから追い込み祭りが始まるからね、推定。

 

挨拶して反応がないのは私の声が小さいせいだと思ってなんも気にしてなかったけど、なんか嫌いの意の表明だったりとか、逆に挨拶されなかったと思われてたりとか、可能性はいろいろあるよね。うーん、まあいっか。いやよくはないけど、経過観察ということで。

 

上司が適当にとかまあいっかとかとりあえずとか嫌いなんだって言ってたけど、私の行動はほぼこの言葉で構成されてるので非常にまずいね!あっはっは。…気をつけよう、口に出さないように(でもやる)。

 

適当は魔法の言葉だと思ってるけどな。グラムミリまで気にしだすと止まらないけど、ま、とりあえずと唱えて踏み切った案件が何度あっただろうか。

たぶん適当とかが許せない人ってほんとぎりぎりで生きてるんだろうなと。

上司のメンタルが心配である。

そして私の仕事のできばえも気にしよう。

 

上司の考え方とか勉強になるからがんばらなきゃなと思ってるんだけど、思考回路とか会話進行が独特なので、他の人と話しててすーっと話が通るとすごい嬉しい今日この頃。なんで会話が3行で終わるの!?ナイススピーディー!

でも解散したらたぶん物足りないんだろうな。ここまで追求してくるこだわり屋さん上司は社内ではあまりお目にかからない。噛み締めて過ごそう。

なにせここまでだだもれの人はなかなかいない。思考回路も仕事の仕方も盗みたい放題やっほーい。べんきょーします。

 

事項と事項の関係性の間に不条理が生まれるとカミュせんせーは言いました。

不条理を受容せず逃避せずに共生し続けることが生きることだと(今日読んだ付け焼き刃)。

そうなんだよ、呑み込まれたいわけでも否定したいわけでもなくて、この不思議な現状を観測し続けたい!

という気持ちでがんばろーと思います。

おやすみー!

振りまわさレボリューション

毎日毎日

質問は突然に

答えの出ない問いが

この世には多すぎる

 

毎時毎分

お客と上司の無限マリトッツォ

なんちゃって夢のよう

たっぷりすぎて胃もたれ

 

贅沢なほど

振りまわさレボリューション

お腹いっぱい

振りまわさレボリューション

 

完食してみせると

かぶりつくけど

なかなかどうして

全然減らないマリトッツォ

 

気がつくとまた

ファイルの山

この間お片付けしたのに

モンブランまではもうけっこう!

 

力不足なの?

振りまわさレボリューション

まだまだまだ

振りまわさレボリューション

 

毎日が

振りまわさレボリューション

完食するまでずっと

革命前夜なの!

 

「今日は帰りまーす!」