2021-06-12から1日間の記事一覧

穂村弘『野良猫を尊敬した日』

友達がお見舞いに貸してくれたエッセイ本。 この間、学生の時に一冊だけ買った穂村弘を手放したばかりで、意外な再会。多分友達に穂村弘いいよねとか言ったことないと思うんだ。すごくいいと思ってずっと置いてあったんだけど、なかなか読み返すこともなくて…

カフカの『城』は、さみしい。

カフカ『変身』に続き2冊目。買ったの半年くらい前だったかな。 半分までは3ヶ月で書き上げたものの、筆が進まなくなって放棄した作品で、死後友人の判断で出版された作品、とのこと。 かんたんなあらすじ 測量士としてとある村に呼ばれたKという男は、どう…