本と再会する

一度売りに出した本を買い直したり、電子書籍で買った本を紙で買い直したりしている。

 

一度売りに出した本を買い直すのは、時間を経て大切さを再確認するような感じで、嫌じゃない。

手放して、忘れられなかったりふいに猛烈に読みたくなったりして、また再会するっていうのは、人間相手では難しく思えるけど、本ならできる。

そもそも売らないという判断ができればいいんだけど、その時々でどうしても気持ちが離れてしまうことはある。何巻もあって長いこと読み返していなかったりとか。読み返したら思い直すことも多いんだけど、売りに出すときは勢いだから、そういうことが起こる。

 

今のところ幸い再会できているけど、これから絶版の悲劇に見舞われる可能性もあるし、気をつけないといけないなと思う。

 

電子書籍に関しては、もう多分向いてないんだろう。データを信用できないのか、紙がいいのか、両方なのか。本も漫画も紙派だなあ。

 

さて、買い直した漫画を読んで懐かしい気持ちになろうかなあ。というところです。