卵巣が超腫れてる話②

誰も知らないブログだから好き勝手に書けるとこあるよねー。匿名性、使いようは難しいけど尊い

 

さて本日検査結果を聞きに行く日でした。

予約いっぱいだから予約時間から診察まで1時間はかかると聞いていたんですが、待合室誰もいない。10分ほどで呼ばれる。え、早い、本忘れたからナンプレメイト買ってきたのに。

 

お医者さんが分かりやすくMRI画像の説明をしてくれました。へそから腎臓からはっきり写るんだね、これは一撮の価値ありでないの。

丸々としたでっかい白風船が、写真の面積のほとんどを占めており、それが膨れあがった卵巣の全容ということだそうで。へそのだいぶ上まで膨れてて、こりゃ胃まで圧迫感あるわけだよ。取ったら体重もちょっと減るらしいよ。やったぜ怪我の功名。

悪いものじゃないと思うけど、次の病院で一応血液検査してもらおうとのこと。

近隣の大きい病院で、白風船を取り出だす方向で進めるらしいです。初診は明後日、血ぃ採りそうだな…。

 

ありがとう先生。お医者さんはすごい。

本日のお支払いは990円なり。紹介状書いたりCD作ったりしてたのに、これはあまりお金にならないんだなあ。

 

ということで明日になってから「明日休みください」という度胸は無かったので、姑息にも有給当日に職場に出向いて上司の情に訴えかけてみる作戦に出る。いい人なので休みはもらえると思ってたけど、片付くまでそれなりに迷惑をかけるのでとりあえず誠意を示したかった。仕事上都合の悪い報告は迅速にー。

係内には話したけど、したらしたで「病院行くからちょいちょい休むけど許しておくれ」と許さざるを得ない状況を作ってしまったとも言える気がして、ちょっとごめんね感ある。みんな優しいからいいよとしか言えんわな。気ぃ遣わせてしまうし。でも言わないとなんであの人休むのってそれはそれでもやもやさせそうな気もするしな。正解は分からない。最大の準備で最小の被害を心掛ける所存。終わったら3倍くらい働くからね…!

 

次の病院もいいお医者さんだといいなあ。