卵巣のう腫まとめ 受診〜紹介まで

端的にここまでの経緯をまとめ。

ブログとかTwitterはこういうとき本当に頼りになるなあ。先行事例がいっぱい。

 

本人の情報(29歳)

入院:したことない

手術:したことない

健康診断:再検査になったことはない

備考:独身。のほほん実家暮らし、ご結婚のご予定とかも無し。できれば注射針刺さってるところから目を背けていたい。

 

◯発覚前

・下腹が出ている。妊婦さんみたいになっているが、肥満か便秘だと思っていた。

・12月くらいから、月1でお腹がパンパンで座って寝るしかないみたいな日がある。でもブログ遡ったら9月ごろには腹が痛いと書いているので、覚えてないだけで12月からではないと思われる。

・生理1週間前から左足付け根に鈍痛。生理後も1週間ほど胃の下の方から下腹部までパンパンに膨れて嫌な状態が続く。

・生理2週間前だけは比較的心穏やかに過ごせる。

・夜中に最低2回はトイレに起きる。寝てても腹が苦しいというか気になるというか、時々痛い。

・忌々しいことにトイレに行って、何も出ない時はもちろん何か出た後も、下腹の鈍痛と張り感は続く。

・気がつくと私より体重が重い母よりも腹が出ている上、胃と下腹の境目が消滅。便秘なら便秘でいいじゃないかということで、4月27日婦人科受診。

 

◯4月27日受診(近所の総合病院)

・触診とエコーにより、開始5分で卵巣がかなり腫れてることが判明する。

MRIを撮影して帰宅。

・卵巣がかなり腫れている場合は手術になるとネットに書いてあったので、翌日上司にふわっと病院行ってきたことを伝え、結果を聞く日の有給を頂戴する。

・会計13,000円(初診料+エコー+MRI)

 

◯5月11日受診(近所の総合病院)

MRIにより、へその上まで腫れ上がった卵巣が激写されていた。

・早めに取った方がいいということで、近隣のもう少し大きい病院を紹介してもらう。予約も取ってもらった。CD-Rと紹介状をもらって帰宅。

・明後日行ってきてねとのことだったので、取り急ぎその日のうちに上司と係内に報告。有給を頂戴する。

・みんな非常に優しく受け止めてくれるので大変ありがたい。病院も色々早めに動いてくれてありがたい。コロナ禍なのにね…ありがたいですね。

・会計990円(再診料+診察料)

 

◯5月13日受診(近隣の大きい病院)

・内診、エコー、診察を受け、手術日を仮押さえする。悪性じゃないとは、切るまで言い切れないらしい。

・採血、胸部レントゲン、心電図、肺機能検査受ける。最後に看護師さんから問診。

・破裂に注意!

子宮筋腫も取る予定。

・会計10,000円(診察+検査料)

 

次回は5月18日、手術説明。

 

現在のしょーもない懸案事項

点滴しながら本は読めるのか?

菓子折は退院後に職場に持っていけばいいのか?

MRIの写真記念にくれないかなー。

仕事いつから戻れるんだろうか。

引継ぎ準備せねば…ま日程確定してからでいっか。

医療費がらみの申請って退院してからでいいのか?

下剤飲むって書いてあるけどおえってなる自信しかない。

コロナで面会禁止らしいので、入院の荷物べらぼうに多くなるかなもしかして。