卵巣が超腫れてる話④

日が空いてしまった。

待つ身は長いってなー。

 

本日は5月22日。

病院には5月18日に行ってきた。

手術の説明だけって聞いてたのに、採血と造影剤CT検査が追加された…。造影剤CT初体験だったー。造影剤は打たなくて済んだのかなって思ってたのに。でも点滴の予行練習ぽくてまあこれはこれで…。

 

採血は血栓ができていないかの確認で、CTはリンパの腫れなど悪性の所見が無いかを確認するためだそうで。

これの結果が25日に出たら、28日から入院と相成ります。出るかGOサイン。正直日々卵巣に圧迫されてるんで、早く解放されたい気持ちが大きいが。

ともあれ、日程調整と検査が同時に進んでいくところを見ていると、結構急ピッチで動いてくれているのが分かる気がする、ありがたいことだ…。

 

ネットで見てた境界悪性の話も説明された。

こればかりは開けてみないと分からんらしい。まあ生き残ってくれ生殖器官って感じだなあ。

 

お医者さんに聞きそびれたから看護師さんに聞いたんだけど、職場から休みをひと月もらってくるようにと。度肝抜かれました、2週間だと思ってたのに。多分2週間は腹腔鏡手術の場合なのかな…開腹はおよそ10日間入院して、その後20日間くらい自宅療養って感じらしいです。

これがこの日のお知らせの中で一番ショックだった…1ヶ月…1ヶ月…!?

 

職場にちょっと腹切ってきますー、入院1週間くらいみたいですーって報告してたけど、ひと月となるとちょっとさすがに頭抱える。話が…違う…!(いや思い込んでただけ)

上司の上司は心配せずに休んでって言ってくれたけど、肝心の直属の上司がだめだ…心配すぎてこのまま入院できない…。

直属の上司はいつも混乱して頭抱えて忙しそうな人で、4月から異動してきたのでお支えしようぞとはりきっていた御仁なんですが…。そんな上司を異動2ヶ月でさらに混乱させるこのたびの私の鬼のような所業…詫びても詫びきれぬ…。罪深…。

「僕この仕事こなすの無理かもしれない…」とか言われたらさすがに一瞬絶望しますよね…。分かるけども。1人で2人分の仕事は無理だよね、そのために人雇ってるんだから。非常識は私だ…正直へこみました。この案件始まって以来、ここにきて初めてへこんだ…。他の人は励ましてくれるけど、仕事に大穴を開けて未だかつてない未曾有の迷惑をかけることに違いはないわけで…へこむわ…。

めそめそしながら前任の勝手に戦友認定している戦友に相談して、マニュアルだけがんばって作ることにした。なんとかなるよって言ってくれる…優しすぎる…神なのか…。

 

マニュアル編纂するぞー。

 

この1週間は病院半日しかなくて、仕事のこともあったので今までで一番メンタル削れたかも。昨日友達に唐突にアニメの話して構ってもらった。どなたもこなたもいい人ばかりでなあ。気を引き締めないと甘えまくってしまいそうである。

手術が終わって復活したら全部過去のことになるわけで、あんまり醜態晒すとあとから頭抱えたくなるだろうからな…。今何気に結構いっぱいいっぱいだから、踏ん張りどころなんだよなあ。気楽な独身貴族にも少々のプレッシャーはあるらしい。

来週は1日病院で金曜から入院なら仕事3日しかないから、忙しくしてるうちに終わりそうだー。