病棟探検

入院3日目になると、ちょっとずつ状況が分かってくる。

 

病室は4人部屋で、みんなカーテン締め切り、交流なし。顔合わさんようにしてる感じ。

術後の人ばっかりのようで常にものすごく静か。初日は自分のいびきがうるさくないか気になったけど、もううるさかったら教えてって看護師さんに言ってあるしいいか!と開き直って2日目は普通に寝た。消灯22時でも寝れるもんだなー。

昨日は1人退院して、昼からすぐ術後の人が入ってきた。今日も1人退院するらしいから、出入りは頻繁。

 

先生が8:30くらいに回診に来て、様子を聞いていく。日中の看護師さんが9時過ぎに検温と血圧を測りに来る。早朝と夕方に夜勤の看護師さんが顔を出して様子を聞いている。トイレの回数絶対聞かれるので、今日からメモしとくことにした。

あとは7時、12時、18時にご飯持ってきてもらっている。ご飯おいしい。これは嬉しい誤算。洋食より和食の方がよりおいしい気がする。

それ以外は自由で、院内散歩しても良し、お風呂入っても良し(予約制)、本読んでも動画見てても良し、編み物も良し。

あとは術後の人の処置で、看護師さんが不定期に出入りしている。管外したり点滴入れたり抜いたり、診察のお知らせに来たり。

 

お散歩の推定行動可能範囲は、自分の病棟と、エレベーターと2階の売店。自分以外の病棟に突入する勇気はとりあえず無い。産婦人科病棟は入れるところはほぼ隅々まで探検した。

6/1解禁の自販機が置いてあったので、退院までには何が陳列されるか見届けられそう。

売店の書籍ラインナップは、どちらかというとおじさん向けっぽかったな。ハーゲンダッツが売ってたので、術後売店まで行けるようになったら食べてよしってことにしといた。

追記:書籍コーナー、裏側にもあって、婦人誌とかも棚があるんだけど軒並み売り切れ。『チーズはどこに消えた?』を久々に見かけた。何年か前のベストセラーだが読んだんだったかな…?

追記:患者図書室を発見。日曜日なので閉まってたけど、結構普通に図書室っぽい。大体借りても期間中に読めないのに、図書室を見ると入りたくなる。機会があれば。

 

 

着いてからのあれこれ。

◯病室を間違える

初日に看護師さんにシャワーの予約方法を教えてもらい、ナースステーションでお別れして部屋に戻ろうとしたところ、あーやばい部屋番号覚えてない。→勘で大部屋に突入、カーテンオープン→ご対面、ごめんなさいして脱出。

無事に2回目のトライで自分の部屋に戻れた。

 

◯計算違い

最初にお風呂に入れるのが日曜日だと聞いており、レンタル寝巻きの交換は週3回だと聞いていたんだけども、看護師さん親切で寝巻き毎朝くれるし、シャワー土日両方お勧めしてくれる。

そこで風呂のタイミングで着替えようと思って持ってきていた下着が完全に足りない。でもお風呂入るのにパンツ替えないのちょっと耐えられない。

シャツは諦めたがパンツは買い足した。

 

◯計算違い 2

入院前に、手術のあとしばらく歩けないだろうし水を買っていこうと母上と相談の上薬局に行って、水ボトル6本とでっかい入院バッグと普段のトートバッグの大荷物抱えて入院したんだけど、水6本、2日目でなくなる。もはや自販機でゴロゴロ買い足してる。まあ買えるかどうか分かんなかったからね…。

あと、玄関で母上から全荷物引き取ってお別れしたんだけど、みんなけっこう受付まで付き添ってた。あれ?

 

◯故障してるシャワー

看護師さんが勧めてくれてシャワーしたんだけど、シャワーひねっても出てこない。蛇口の方は出るので風呂桶でざばっとお湯浴びて対応。

即座に隣のもうひとつあるシャワー室を確認したところ、こちらはちゃんとシャワーも出る。

看護師さん、知ってか知らずか分からないけど、看護師さんのおすすめには従っておこうと思う。術後だったらえらい目にあっていた。事前確認超だいじだな。

 

◯計算違い 3

ペットボトル用ストローを持参した。同じく持参したサントリー南アルプス天然水には、付属品をつけたらジャストフィットだったんだけど、売店で買った同名商品はなぜかボトルのサイズが違う!!

慌てて次善策としてコップ付き吸い出しを購入して戻るが、はた、と。

付属品じゃなく直付けならどうだ?と。

くっつきましたああああ。完全にコップ要らんかったああああ。

 

 

と気持ちの余裕はそんなにないけど、身体的には余裕な人間の見聞録。