ひげひろ10話・シャドーハウス11話など ※視聴済み前提の内容

◯ひげひろ10話

9話でぶーぶー文句をいったひげひろなんですが、10話。

うん、これは吉田さん、沙優ちゃんを東京に連れて戻るフラグ立ったな…。がんばれ吉田さん。信じてるぜ吉田さん。

橋本さんがたいへんいい仕事をしました。ここにきてついにメインキャラらしい見せ場が。ここの夫婦のスピンアウトなんかもおもしろそうだな、機会があればぜひ見てみたい。同人誌でもいい。誰か書いてください。

さてまあ沙優ちゃんに重すぎる過去を背負わせたのは重罪なんですが、沙優ちゃんの、吉田さんの、本質が問われる場面になってくるんじゃないでしょうか、北海道編。

と9話の記憶が都合よく薄れてきたので、都合よく期待します。9話もう一回見たらまた文句が止まらないかもしれない。重すぎるんだよな9話。うーん、9話…。でも女子高生を引き取る覚悟を26歳に決めさせるのなら(もう私の中で引き取ることになってる)、これくらいの重みが必要、なのか…?母親だけでいいような気もするけど、目の前で自殺する親友なんて重すぎると思うけど。

 

◯シャドーハウス11話

シャドー家の仕組みがどんどん明かされてきましたねえ。ケイトさまが賢すぎるんだが、ケイトさまは普通のシャドーとは違うの?

すすで麓の村々を掌握し、子どもを献上させ、シャドーたちの顔にする…そしていずれはシャドーが地に満ちるわけだ…ロマンあるね。壮大。

あとはなにより、ジョンとショーンのまさかの殴り合いが最高でした。仲がいいとはいえ主人と従僕の関係性で、一切の遠慮なく力の限り殴り合う二人。なんかもう、君たちはこのままでいてくれ。

あと1話か…エミリコ救出して謎が残るENDかな…しかしいいアニメなの…。

 

◯雑記

ワンダーエッグ・プライオリティの特別編を見たんだけど、もう設定と情報量が過多なんだ。この訳のわからなさこそが人生って感じもするんだけど、13話観たらそれなりに読み解きたくなるのが人間の性なので、格闘してみる。

ついったの民はさじ投げてたな。未公開情報が多すぎる。画面は始終麗しかったが。

 

Vivyも感想2本書いたけど、もうちょっと客観的に攻めたいよね…。救世の歌姫と、暴走AIたちと、人間の三つ巴なその後の世界とか。アーカイブの憂鬱な100年とか。でも結構人間くさい思考回路で成り立ってる気もしてきている。AIという存在を突き詰めるというよりは、人間をAIになぞらえて分かりやすく描いているような。AIの思考回路突き詰めるのもおもしろそうだけど、この作品のAIはたぶんに人間よりだなと思う。