人間ドックの話をしている場合ではなくなった。ヒロアカ本誌が…本誌が…!※ネタバレバレ

人間ドックの話をしている場合ではなくなった。

ヒロアカ本誌が…本誌が…

爆散した語彙をかき集めてつぶやくので、以下ネタバレ注意。コミックス派の人もアニメ派の人も危険。

といいつつ私も本誌つまみ食いだから、終章開幕からかっちゃん参上までの話未読。OFAのくだりがよく分かってない。

 

ワンクッション置くの、古の二次創作サイトでよくあったよね…オーケー?以下つれづれ。

 

どうしてくれるんだよ、火曜の0時にこんなものを公開されたら睡眠時間がごりごりごりごり削られてしまって日中死ぬほど眠かったけど、昼休みはばっちりアニアカ観たし、帰りはヒロアカの主題歌流して帰った。

 

ついに来てしまった。

おおいに期待しながらも期待している時間が楽しくて楽しくて仕方がなかった。

こういう形で突然やってきた。

ついったも阿鼻叫喚、ここでくるとは誰も思わなかった…ーーーーーーー!!!

 

かっちゃんが謝ったーーーーーーーーーーー!!!

 

今のかっちゃんはでっくんに何を話したいんだろうかと思ってたけど、こういう形になった。

怒鳴り散らして喧嘩を始めるんじゃないかと思ってたけど、それじゃあでっくんを止められないと分かっていたんだろう。

でっくんと対峙したら見たことないくらい静かなトーンで、ぽつぽつと、嘘だろこればくごうかつきですか?あれ私さっき31巻読んでたんだけど「クソデクああああ死んだら殺す!!」とか絶叫してたあのばくごうかつきくんなんですかね!?

とはいえとはいえ、29巻の回想シーンでもそういう趣旨の話はしてて、かっちゃんが後悔してたり心配してたりしてるのはヒロアカの民たちも知ってた。

 

いじめっこといじめられっこの関係性は特殊だ。

いや特殊な場合がある、というべきか。

いじめられっこには、いじめっこにしか救えない傷があるみたいな話。いじめっこが認めて初めてうまる傷があるという話。

あほほどにくたらしかったはずなのに、散々存在を否定してきた奴が一言、普通に会話をしてきただけで、どこか救われてしまう時がある。

 

嫌な話だ。

でも傷つけた人間にしか治せない傷がある。

劇薬だったんじゃないかな、でっくんにとっては。

 

すごい複雑…すごい複雑なんだけど、

おいかつきばくごうお前がんばれよ…これからだぞほんと…ここからだよ…

でも大きくなったねえ…ほんと…たったの1年間なのに、10代っておそろしい…

 

しかしこのヒロアカのおそろしいところは。

この幼なじみがただのいじめっこいじめられっこじゃなくて、お互いに尊敬して畏怖している、常に意識せざるを得ない異常な執着があり、そしてお互いが自分自身も分かってないところまで理解してしまっているというところで。

でっくんはかっちゃんを立ち直らせ、かっちゃんはでっくんをつかまえた。

なんなんだよなんなんだよこいつら…(動揺のあまり語彙が乱暴になっていますが勘弁を)

かっちゃんはあれでおそろしく繊細だし、でっくんは優しいけど自分のことは盛大にすさまじく無頓着だし、割れ鍋に綴じ蓋って思っちゃうんだよね。

 

「言ってどうにかなるもんじゃねエけど」

「本音だ」

「出久」

「「今までごめん」」

 

今までごめんには「」がついてるんだよね。

どういうニュアンスなのか…けじめ的な?

もういっこいっこかっちゃんが自分の言葉で自分の弱さを認めていくんだよ。あのかっちゃんが。あの、かっちゃんが。

人間ってこんなに変われるんですかね…(震え)

ひとりで飛び出していくでっくんを引き止めるために、一緒に戦うために、怒鳴るでも命令するでもなく、この子はこの方法を選んだんだなと。

泣けるじゃないですか…。

 

でっくんにとってずっと怖くてでも一番身近なすごい人がさあ、こんな手放しで突然自分を肯定しにきたら、でっくんも止まるよね。

しかも考えられないほど本音で言ってるって分かっちゃうんだろう。一言も否定しなかったな…でっくん。

かっちゃんの大勝利でしたね…うん…完敗だでっくん。おうちに帰ろう。

実質デクvsかっちゃん③でしたね。心理戦、かっちゃんの完全勝利。

 

さてふたりのこれからも、vs民衆、vsAFO死柄木、それから地獄の轟くんちも、まだまだ気になりますが、ひとつの山場でしたね。

かっちゃんとでっくんががっつり組んで戦ってくれるのを楽しみにしつつ。

 

あーあ、ヒロアカさいっこうだー!!

 

いろいろあるけどね、トガちゃんが最後に救われるといいなとか、燈矢くんどうやって止めるんだろうとか、救わなきゃいけない人が多すぎて本作のヒーローたちは大変だな。

このみんな敵でも味方でもいろいろある感じが、ヒロアカの綺麗事じゃない素敵なところだと思う。

楽しんでいこー。