孤島部長 感想

マンガワン恩恵第3弾。時間的に最後だね。

 

◯あらすじ

新人研修のために乗っていた船が転覆して、苦手な部長と孤島に遭難した小松あさひ。

超エリート部長は無人島でも死角なし!あっという間に生活拠点と食料を確保し、「孤島事業部」と称して新人研修を続行する。

一緒に働くうちに部長のすごいところや人間らしいところが見えてきて、尊敬するようになる小松。見えてきたのは小松だけでなく、部長も同じで、ふたりの感情や関係性は次第に変化していく。

他企業の遭難者も続々上陸して、どうなる無人島生活。

 

◯感想

遭難お仕事ラブコメ。すごいインパクトだな。

小松ちゃん、最初はテキトーに慎ましく生きると無欲で無意欲な子だったけど、部長に向き合われて適当じゃなくなり、部長を好きになって無欲でもなくなり、他の人の仕事をサポートするという適性を見出して新人研修を卒業していった…すごくいい話…。

・真似をするだけじゃ相手の気持ちは聞こえない

・仕事はみんなで成し遂げるもの

・自分の取れる手段を検討する

・いい仕事は人の心を動かす

うっうっうっ…色々刺さった…私はちゃんと働けているのだろうか、いいやまだまだ…。いい仕事したいよね…。あれビジネス書だっけこれ…?

いやちゃんと少女漫画デシタヨ?しっぶい顔してる部長の時々気が抜けてへにゃっと笑う描写とか最高に萌えましたし。染谷くんもそうだけど、この先生ふにゃっと笑わせるのがむちゃくちゃ上手。かわいい!かわいい!

というわけで読者をにこにこさせながら仕事のイロハを教え込んでくる漫画がここに。究極はやっぱり人間関係なんだよね。言われたことやらなきゃってがちがちになって身動き取れないのも分かる分かる。分かるだけにこまちゃんが変わってくのが嬉しくて寂しくて眩しかった。

ああー、来週もお仕事がんばろう。やれることはいっぱいあって、ぜひともやり遂げて見せたいわけで、ちょっと間に合わないからってへこむのも勿体ないし、間に合うようにがんばりたいなー。

 

週末によき漫画体験でした。爽やかなシメだわ!